Tuesday, February 26, 2008

winmail.datはgmailかyahoo mailで読むことができます

スポンサードリンク

ときどき添付ファイルが「winmail.dat」というへんてこなファイル名になっていて、どうにも読めないことがあります。これは、Outlookで「リッチテキスト形式」で送信するとこういう変なものになるらしい(参考文献[1])。こまったもんです。

これを読めるようにするツールもあるようですが、こんな変なものを読むだけのためのソフトウェアをインストールするのはいやですね。それにWindowsだけじゃなくて、MacやLinuxやNetBSDやiPhoneも使っている場合、いちいちそれ用のソフトを使っている最中のマシンにインストールするのもいやです。でも大丈夫。なにもインストールしなくても、これを簡単に読むための方法があるんです。単にgmailかyahooメールに転送すればいいとのこと(参考文献[2])。というわけで実際にやってみた。

私はOutlookはもっていないので、winmail.datで送られてきたメールを持っている人に転送してもらいました。winmail.datだけ転送してもらったので、いったん保存して、それをmewというMUAでふたたび添付して自分宛に送信しました。なぜmewかというと、ファイルを添付したときにファイルの種類を「application/ms-tnef」にする必要があるからです。ふつうのメイラーではファイルの種類を変更するのがむづかしいんですね。たとえば、gmailでwinmail.datファイルを普通に添付すると「application/octet-stream」になってしまいます。直接Outlookのひとからwimail.datが送られてきた場合は、ふつうのメイラーを使ってメールをまるごとgmailかyahooメールにフォワードすればいいはずです。

まずgmailの場合を見てみましょう。当然ですが受信はできていますね。

gmail

図1. gmailでwinmail.datを受信

ところが表示もダウンロード後のファイルもwinmail.datのままで読むことができませんでした。なぜだ!

winmail.jpg

図2. gmailでは失敗

しょうがないので、yahooメールに転送してみました。

yahoo mail

図3. yahooメールに転送

こっちは添付ファイルをダウンロードしようとするとapplication/ms-tnefであると認識しています。ファイル名も表示されていませんね。

yahoo2.jpg

図4. yahoo メールではapplication/ms-tnefと認識

これをダウンロードするとファイル名が「winmail.dat」ではなくなっています。ShowLetterというファイル名になりました。yahooメールの仕様なのか、そういうファイル名で元の送信者が送ってきていたのかはわかりません。

success.jpg

図5. ShowLetter

このファイルを開いてみると、ふつうのテキストファイルとして読むことが出来ました。パチパチ! というわけで、もしwinmail.datが送られてきたら、

  1. 送られてきたメールをそのままgmailかyahooメールに「転送」する。
  2. gmailやyahooメールから添付ファイルを「ダウンロード」する。
  3. そうすると、普通に読める形式のファイルとしてダウンロードされる。
こんなかんじで処理しましょう! でも、gmailではよめないかも。

参考文献

  1. 受信者が WinMail.dat ファイルが添付されたメッセージを受信する, Outlook 2007 のヘルプと使い方(Microsoft)
  2. Winmail.datファイルを読むには、Gmailを使おう!, TechCzar.com, 2008

6 comments:

吹奏楽部 said...

 がんちゃんさまのこの記事のお陰で、読めなかった添付ファイルを読むことができました。ありがとうございました。

kenic said...

いえいえ、お役に立ててよかったです!

Anonymous said...

winmaidat.com

Anonymous said...

winmaildat.com .. sorry for my typo

ファイル名は文字化けするので適当に修正する
中身は大丈夫

kn said...

ありがとうございます!
読めました。

Anonymous said...

ありがとうございました。私も無事gmailに転送して、うまくいきました。

ありがとうございました。

RP